排水管の状態は水道工事で検査を

排水管から水が漏れると、建物も含め大きなダメージを与えます。水道管とは異なり、すぐに発見できないところも問題です。衛生的にも大きな影響を与えるため、異常を見つけたら工事で回復させなければいけません。

■排水管は経年劣化する

排水管は、日常的に使っているうちに必ず劣化します。経年劣化からは逃れられないからです。汚れがこびりつきますし、異物がつまれば配管に負担を掛けます。どうしても排水管の劣化を早めていく要素があるため、メンテナンスが欠かせません。普段からのメンテナンスが、排水管の寿命を延ばすことにもつながります。水道工事会社に相談すると、排水管のメンテナンスもできます。大規模な工事を行わなければならない事態を避けるためにも、予防策として定期的に実施するといいでしょう。

■定期的な検査と洗浄

排水管 水漏れは、白アリの発生にもつながります。わずかでも漏れていると、床下で湿度を上昇させるからです。使った水が流れるため、衛生的にも問題があり、建物にどんどん悪影響を与えます。マンションなどでは、戸建てよりも発見が難しくなります。排水管も集合配管になり、内部の点検も容易ではありません。こうした状況でも、水道工事会社であれば、専用の対処法があります。検査とともに内部の洗浄もできるため、定期的に実施することが大切です。

■まとめ
排水管の問題は、定期的な検査で大きな問題になる前に対処できます。排水管の中は見えないため放置されることも多いですが、汚れはどんどんと積み重なっていくことを忘れてはいけません。水が漏れ続ければ、建物の耐用年数にも大きな影響を与えることになりますので注意しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ