リフォームを含めたトイレの交換も水道工事会社に相談

トイレは毎日使う場所であるため、利便性が大切です。生活に欠かせない設備の場合、バリアフリーの検討をすることもあるかもしれません。しかし、素人では難しい作業になるため、水道工事会社に依頼する必要があります。

■タンクレスに交換

トイレのリフォームの場合、いろいろと抑えておくポイントがあります。トイレの交換もそのひとつですが、性能は格段に向上しています。バリアフリーにする場合、できるだけ広いスペースを取ることが必要です。そのためにはタンクレスに交換するのが一番です。これまでは、水をためるタンクが必要でしたが、タンクレスにすればその分のスペースを省略できます。トイレのスペースを拡大できて、設備としても自由度を広げられるでしょう。

■しっかり使えるバリアフリーにする

バリアフリーにする場合、単純にトイレの交換だけではあまり効果がありません。安心して使うために、手すりの設置なども必要です。間口を拡大するといったことも検討ポイントになってきます。水道工事会社であれば、総合的に依頼することもできます。トイレ周りの利便性の部分でも知識があるため、どんなかたちにするべきか相談してみると、より良い結果が導き出せるでしょう。


■まとめ
トイレのリフォームは、いろいろな要素があります。バリアフリーもそのひとつですが、いかに快適に使えるのか、安全な環境にできるかが重要です。そのための設備もいろいろとありますので、まずは目的を定め、相談から始めるといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ